紫外線によるダメ−ジ

2016年06月13日

紫外線によるダメ−ジ



梅雨が終わると、暑い暑い夏がやってきます。
みなさん、紫外線対策はしっかりしていますか?

紫外線の強さはや量は、季節、気候、時間帯により異なり、4月から9月が強い時期が続きます。
しかし、紫外線対策は夏だけではなく1年中気をつかわなければいけません。

紫外線による老化に悩む女性

肌にもっとも悪影響を与えているのが、紫外線です。
紫外線によるダメ−シはシミ、そばかすだけではなく、ハリや弾力まで奪いとります。

肌の水分が奪われることで肌が乾き、かさつき、くすみ、小じわ、たるみの原因になるのです。
さらに身体全体の免疫力を低下させるといわれています。

老化の約80%が紫外線が原因と考えられています。
日焼け止めは数多くの種類がありますが、商品に表示されているSPFやPAの予防効果はしっていますか?

さまざまな種類の日焼け止めのイメージ

紫外線には「UV-A」(生活紫外線)と「UV-B」(レジャ−紫外線)があります。

「UV-A」は、日常生活のかな、知らず知らずのうちにあび続けることで、真皮内の線維質を変性させ、しわやたるみの原因に。

「UV-B」は、肌が黒くなり、肌がこわちいたり、角層の中の水分が減少し、肌あれの原因に。

詳しく知りたい方は「紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア」をご覧ください。

UVケア化粧品も、その選び方や使い方で効果に差が出てきます。

UVケア化粧品の選び方や使い方を紹介する女性

そして、寒い冬と乾燥している肌の感じは、異なりますが、夏は紫外線により、水分がなくなり乾燥しているので紫外線をあびた後のアフタ−ケアも忘れずにスキンケアを行ってくださいね!

簡単なお腹のダイエットについて

2016年04月20日

簡単なお腹のダイエットについて



トンちゃんのスキンケアラボへおいでませ。
トンちゃんは、80kgを超える体重。

もちろん、趣味はダイエットとスキンケア。
エイジングケアとアンチエイジングもそうなの。

さて、ダイエットをしてみたいと考えている女性は多く、実際に何回かダイエットにトライしたことがある人も珍しくありません。

ダイエットをしたい女性

最近は、男性も見栄えを気にする人が増えて、老若男女問わずダイエットに興味があるようです。

メンズエステにもダイエットコースはありますし、女性専用のダイエットジムなども人気があって、ダイエットの手段は色々とあります。

できるだけ、簡単に痩せられる方法が人気があり、スポーツジムやグッズ、食品など、多くの人がダイエットのために利用しています。

ダイエットしたい身体の部位といえば、一番最初に挙げられるのがお腹周りです。お腹のでっぱり具合で、プロポーションは相当違います。

お腹にどのくらいの脂肪がついているかで、似合う服も替わります。
お腹まわりふくらみがなくなって、体つきが細身になれば、見た目の印象が若くなり、老けた印象がかなりなくなります。

細身になって若さを得たい女性

ところが、お腹のお肉は落としづらい事で知られており、ダイエットしてもなかなか効果が得られないのも事実です。

手軽にできるダイエット方法を探しているという人は大勢いるようです。
数あるダイエット方法の中で、最近では、糖質をカットする方法によるダイエットが人気となっています。

炭水化物を抜くダイエット方法については、気軽にできて、しかも、健康的だということで多くの人が行っている方法です。

効果的なダイエットをしたいならば、食事の量だけでなく、スクワットや、腹筋運動などを習慣にして続けることによって、お腹の脂肪を燃やすことができます。

< 1 2 3 4 5 6 7 8
プロフィール
管理者:トンちゃん

趣味:食べる事
特技:お昼寝
長所:美味しいものを探す
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集