ほうれい線を消す対策なら!

2017年01月03日
さて、今回のテーマは、ほうれい線です。

ほうれい線って40代くらいになると、目立ってくるエイジングサイン。


何歳でもほうれい線を消すことができればいいですね。


医学では、「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ぶそうです。

ほうれい線って、見た目年齢が上がるのでいやですね。

ほうれい線が目立ってしまう主な原因はたるみです。

そんなほうれい線の主な原因は、たるみ。
そして、そのたるみは、

・真皮の衰え

・表情筋の衰え

・皮下脂肪の衰えや肥大化

で起こります。

残念ながら、たるみでできたほうれい線をエイジングケア化粧品で消すことはできません。

だから、ほうれい線ケアで大切なことは、目立つ前から予防することです。

その対策の基本は、保湿と紫外線対策です。

保湿のためには、30代後半からはエイジングケア化粧品がベターです。

では、どんなエイジングケア化粧品を選べば良いのでしょうか?

ほうれい線を消すサポートができるエイジングケア化粧品の要は、美容成分が凝縮してはいっている美容液がオススメです。

そんな美容液を選ぶポイントは、

@保湿成分が十分な濃度で配合されていて乾燥対策が充分できること

A薄い口元のお肌に対して刺激のある成分が無いこと

Bコラーゲンやエラスチンをサポートすること

C抗酸化作用を持つ成分が入っていること

D作用の異なる保湿成分やエイジングケア化粧品成分がバランス良く配合されていること


そんな条件を満たす美容液の1つがナールスネオ。

ナールスゲン、ネオダーミル、セラミド、プロテオグリカン、ビタミンC誘導体などほうれい線ケアの成分が入っています。

また、アルコール、着色料、香料はもちろんフリーです。

さて、ほうれい線が目立ってしまえば、改善の対策なら美容医療に頼るのも選択肢の1つ。

ほうれい線対策の美容医療は、年々進化をとげ、今では選択肢が豊富です。試したいときは、美容医療の専門医と相談の上、メリットとデメリットをしっかり理解した上で行いましょう。

ほうれい線について、詳しくは、エイジングケアアカデミーにアクセスして、「
さて、今回のテーマは、ほうれい線です。

ほうれい線って40代くらいになると、目立ってくるエイジングサイン。


何歳でもほうれい線を消すことができれば、いいですね。

医学では、「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ぶそうです。

ほうれい線って、見た目年齢が上がるのでいやですね。

ほうれい線が目立ってしまう主な原因はたるみです。

そんなほうれい線の主な原因は、たるみ。
そして、そのたるみは、

・真皮の衰え

・表情筋の衰え

・皮下脂肪の衰えや肥大化

で起こります。

残念ながら、たるみでできたほうれい線をエイジングケア化粧品で消すことはできません。

だから、ほうれい線ケアで大切なことは、目立つ前から予防することです。

その対策の基本は、保湿と紫外線対策です。

保湿のためには、30代後半からはエイジングケア化粧品がベターです。

では、どんなエイジングケア化粧品を選べば良いのでしょうか?

ほうれい線を消すサポートができるエイジングケア化粧品の要は、美容成分が凝縮してはいっている美容液がオススメです。

そんな美容液を選ぶポイントは、

@保湿成分が十分な濃度で配合されていて乾燥対策が充分できること

A薄い口元のお肌に対して刺激のある成分が無いこと

Bコラーゲンやエラスチンをサポートすること

C抗酸化作用を持つ成分が入っていること

D作用の異なる保湿成分やエイジングケア化粧品成分がバランス良く配合されていること


そんな条件を満たす美容液の1つがナールスネオ。

ナールスゲン、ネオダーミル、セラミド、プロテオグリカン、ビタミンC誘導体などほうれい線ケアの成分が入っています。

また、アルコール、着色料、香料はもちろんフリーです。

さて、ほうれい線が目立ってしまえば、改善の対策なら美容医療に頼るのも選択肢の1つ。

ほうれい線対策の美容医療は、年々進化をとげ、今では選択肢が豊富です。試したいときは、美容医療の専門医と相談の上、メリットとデメリットをしっかり理解した上で行いましょう。

ほうれい線について、詳しくは、エイジングケアアカデミーにアクセスして、ほうれい線を消す、改善するための対策がすべてわかる!をご覧くださいね。

ほうれい線を消す対策の全てとエイジングケア化粧品の役割


タ−ンオ−バ−を正常に保つ

2016年07月11日
美肌を目指す為に、ターンオ−バ−が必要になります。


タ−ンオ−バ−とは、表皮の生まれ変わりのことを言います。
表皮細胞が基底層のところで新しく生まれて、約28日かけて角化し、角質細胞になり
最後は垢になってはがれてくれます。




タ−ンオ−バ−の働きにより、表皮細胞は絶えずに入れ替わるので
表皮にできた傷や出来物は、痕が残らず治ります。

しかし、このタ−オ−バ−の働きが乱れると、肌荒れが目立ちます。

タ−ンオ−バ−の乱れの原因として、
・年齢による乱れ
・紫外線・肌荒れによる乱れ
などがあります。



●年齢による乱れとは、タ−ンオ−バ−は年齢による表皮の生理状態で変化し、加齢とともに
基底細胞自体の機能が低下するため、年齢とともに遅くなります。
ターンオ−バ−が遅くなるとお肌に、出来た傷の治りが遅くなったり、シミなどが出来やすくなります。
また、角質層は固くなり、表皮は薄くなり、お肌がくすんだりします。


●紫外線や肌荒れによる乱れとは、紫外線や肌荒れを起こしている場合には、ダメ−ジを早く回復しようとし
タ−ンオ−バ−は早まってしまうのです。
ターンオーバーが過度に早くなったお肌というのは、準備ができていない未成熟な細胞がお肌の表面に
押し上げられてしまった状態になってしまうので、お肌は弱くて傷つきやすく、肌荒れなどを起こしやすくなります。
また、水分を保持することが難しくなり、乾燥したり、敏感肌になることもあります。


このように、タ−ンオ−バ−は早くても遅くてもいけないのです。



タ−ンオ−バ−を正常にするためには、正しいスキンケアを行います。
洗顔などで、お肌についた汚れや汗、ほこりなどを洗い流すことにより、ターンオ−バ−を
正常に保ちます。


そこで、たんぱく質や脂肪の分解を助け、古い角質やあ余分な皮脂、汚れなどを取り除いてくれる
ことにより、タ−ンオ−バ−を正常に保ってくれる酵素洗顔があります。




しかし、洗顔を過剰にしてしまうと、タ−ンオ−バ−を早めてしまうので注意してください。
自分のお肌の状態に合わせ、スキンケアを行い、タ−ンオ−バ−を正常に保ちましょう!



紫外線によるダメ−ジ

2016年06月13日
梅雨が終わると、暑い暑い夏がやってきます。

みなさん、紫外線対策はしっかりしていますか?


紫外線の強さはや量は、季節、気候、時間帯により異なり、4月から9月が強い時期が続きます。
しかし、紫外線対策は夏だけではなく1年中気をつかわなければいけません。




肌にもっとも悪影響を与えているのが、紫外線です。


紫外線によるダメ−シはシミ、そばかすだけではなく、ハリや弾力まで奪いとります。
肌の水分が奪われることで肌が乾き、かさつき、くすみ、小じわ、たるみの原因になるのです。
さらに身体全体の免疫力を低下させるといわれています。



老化の約80%が紫外線が原因と考えられています。




日焼け止めは数多くの種類がありますが、商品に表示されているSPFやPAの予防効果はしっていますか?


紫外線には「UV-A」(生活紫外線)と「UV-B」(レジャ−紫外線)があります。

「UV-A」は、日常生活のかな、知らず知らずのうちにあび続けることで、
真皮内の線維質を変性させ、しわやたるみの原因に。

「UV-B」は、肌が黒くなり、肌がこわちいたり、角層の中の水分が減少し、肌あれの原因に。


詳しく知りたい方は紫外線ダメ−ジ、効果的に防ぐには?をご覧ください。



UVケア化粧品も、その選び方や使い方で効果に差が出てきます。

そして、寒い冬と乾燥している肌の感じは、異なりますが、
夏は紫外線により、水分がなくなり乾燥しているので
紫外線をあびた後のアフタ−ケアも忘れずにスキンケアを行ってくださいね!






< 1 2 3 4 5 6 7 8 >
プロフィール
管理者:トンちゃん

趣味:食べる事
特技:お昼寝
長所:美味しいものを探す
2018年 11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
リンク集