カテゴリー: スキンケアのこと

全身素肌美人になるためには、ボディの美白と保湿ケアから

2019年01月01日

全身素肌美人になるためには、ボディの美白と保湿ケアから



素肌作りは、顔の皮膚だけではありません。
体全体のお肌を健康で美しく保つことも大切です。

美しい素肌を維持するためには、外側からのケアと内側からのケアが必要ですが、これは、顔だけでなくボディも同じです。


1.内側からのケアは顔もカラダも同時進行



内側からのスキンケアというと、食事や生活習慣でケアすることになります。
皮膚を健やかに保つために必要な栄養素をバランスよく摂取することや、良質な睡眠をとること、適度な運動で体のめぐりをよくしておくことが効果的です。

皮膚を健やかに保ちたい女性

これらは、顔の皮膚もカラダの皮膚も同時進行で効果を得ることができます。
つまり、生活や食事を改善することで、ツヤのあるお肌になり、肌トラブルが減少、また髪の毛にもつやとコシが戻ってくるかもしれません。


2.外側からのケアは専用アイテムを使うのが効果的



一方、基礎化粧品などを利用したスキンケアは外側からのケアになります。
特にシワやしみなどの特別なトラブルに対処するためには、これらのアイテムを正しく使うことでより早く肌トラブルを解消することが可能になります。

スキンケアアイテムの選び方を教える女性

最近は、シミ対策用、しわ対策用、毛穴ケア用など、目的に応じた化粧品が多く出回っているので、選ぶときには自分のお肌の悩みに特化したアイテムを選ぶことができますよね。

これは、ボディケアに関しても同じことが言えます。
全身の皮膚で、くすみや黒ずみが気になる箇所があったり、シミやニキビができてしまっている場合は、それに応じたアイテムを選ぶことで、より大きな効果を得ることができます。


3.顔用化粧品はボディには使えない?



よく顔用の化粧品をボディに使いたいという人もいますが、もちろん使ってもかまいません。

各部位専用のアイテムを使う女性

ただし、顔用化粧品は、普段化粧品やコスメになれている顔の皮膚に塗布するので、同じものをあまりお手入れしていないボディに使用すると、思わぬ肌荒れを起こすことがあります。

特に、ワキ下やデリケートゾーンなどの敏感な部分には、それ専用のアイテムを使うことをおすすめします。

乳酸菌は美髪づくりにもおすすめ!

2018年11月09日

乳酸菌は美髪づくりにもおすすめ!



ここ数年、便秘対策として乳酸菌を利用する人が増加していますよね。
しかし、乳酸菌は便秘対策に効果があるだけではありません。

乳酸菌を摂取することは、健やかな髪の毛の育成にも役立ってくれるんです。
乳酸菌は、腸に住む善玉菌を元気にしてくれるということは、みなさんもよくご存じかと思います。

便秘と乳酸菌について説明する女性

そのおかげで、腸が機能的になり、便秘などのトラブルを予防できるんですね。
腸が元気になることで、得られる健康や美容効果はとてもたくさんあります。

例えば、免疫細胞の働きも良くなり免疫力が高まったり、老廃物の排出がスムーズになることでむくみを改善してくれたり、花粉症などのアレルギー対策としても、乳酸菌がいいといわれています。

免疫力が高まった女性

お肌のことを考えてみましょう。
便秘になると、ニキビや出来やすくなったり、肌荒れしたりすることがありますよね。

これは、腸内環境が乱れているために、腸の持っている栄養を吸収する機能が低下し、健康なお肌に必要な栄養素がきちんと届かなくなるからです。

乳酸菌を施主することによって、腸の働きが向上すると美肌作りにもよい影響がでてくるということです。
お肌と同じで、腸の働きが良くなると髪にも良いことがおこります。

髪を作るために必要な栄養素が、頭皮の毛母細胞にちゃんと運ばれるようになるため、健康でコシのある元気な髪の育成を助け、抜け毛を予防することができるというわけです。

健康でコシのある元気な髪の女性

このように乳酸菌には、便秘だけでなく、お肌や髪の毛にも重要な役割を果たしてくれます。
つまり、それだけ腸は、私たちの健康と美肌・美髪に大きな力を持っているんです。

健やかできれいな髪の毛のためにも、乳酸菌を積極的に食生活に取り入れ、体の内側から美髪作りを行いましょう!

毛抜きで眉毛を抜くと、まぶたのたるみの原因になるって本当?

2018年10月17日

毛抜きで眉毛を抜くと、まぶたのたるみの原因になるって本当?



まぶたは皮膚の中でも非常に薄くちょっとした刺激や乾燥でもダメージを受けやすくなっています。
そのため濃いメイクやアイテープなどはもちろん、メイクオフの際にこすり過ぎたり、コンタクトの刺激も原因の一つです。

毛抜きで眉毛を抜く女性

毛抜きで眉毛を抜くこともまぶたには少なからずダメージを与えているためまぶたのたるみの原因になると噂になっているのです。


1.毛抜きで眉毛を抜くとたるみの原因になるのはなぜ?



まず、毛抜きによる眉毛処理でのまぶたのたるみは確かなものではありません。
しかし、毛抜きで眉毛を抜くとそのダメージは思っている以上に大きく正しい方法で行わなければ少なからずたるみに影響を及ぼしてしまいます。

皮膚は本来のびたり縮んだりする特徴がありますが、加齢とともにその伸縮性は少なくなってしまいます。
そして眉毛を毛抜きで抜くと、強い力でまぶたの皮膚は引っ張りられ、そのうち元に戻らなくなってしまうのです。

まぶたの皮膚のダメージ

さらに無理に毛抜きで引き抜くと、毛穴にも大きなダメージを与え毛嚢炎などの肌トラブルの原因にもなり肌へのダメージは大きくなってしまいます。


2.正しい眉毛の処理方法は?



一番ダメージが少ない方法はハサミで根元から眉毛をカットしていく方法ですが、これでは剃り残しが気になる方もいるかもしれません。
どうしても毛抜きを使いたい場合は正しい方法で眉毛を抜いていきましょう。

正しい毛抜きでまぶたのたるみ予防をする女性

まずは肌を清潔にして雑菌が入らないようにしたら、ホットタオルで毛穴を開き眉毛を抜きやすいようにします。
それから毛抜きを使いますが毛の流れに沿ってダメージを最小限に抑えて毛を抜いていきましょう。

最後はきちんと保湿をして乾燥を防いで完成です。
これで大幅にまぶたへのダメージを抑えられ、たるみも予防できますよ!

プロフィール
管理者:トンちゃん

趣味:食べる事
特技:お昼寝
長所:美味しいものを探す
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集