2018年07月

ハワイで日焼け度が販売禁止に!

2018年07月07日
なんとハワイで、紫外線対策の日焼け止めの販売が禁止に!

あの夢の楽園ハワイのデービッド・イゲ知事が、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案に署名して成立さました。
法案は2018年5月にハワイ州議会を通過し、施行は、2021年1月1日からです。
アメリカでこうした法律が米国で制定されるのは初めてということです。

この法律の施行後は、ハワイでは日焼け止めに含まれる紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートを使うことができなくなるのです。

なぜなら、オキシベンゾンやオクチノキサートがサンゴを死滅させるリスクがあるからです。

法案の起草にかかわった非営利の学術団体は、オキシベンゾンやオクチノキサートの問題点を指摘しています。
これらが海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込めば、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす。その結果、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していました。

専門家の見解でも、
・幼生のサンゴにとって、オキシベンゾンは特に毒性が強い
・日焼け止め公害の海水浴客がいれば、新しい世代が育たず、その地域のサンゴ礁は徐々に縮小する

と主張されています。

一方、化粧品業界からは反対意見もあります。

・オキシベンゾンやオクチノキサートは、ヒトにとって安全な成分である
・サンゴ礁にとって有害だと主張する1つの研究結果に過ぎない
・日焼け止めの使用が減り、皮膚がんのリスク増大を招くリスクが増える

などです。

確かにサンゴを守ることも大切ですが、、お肌のエイジングケアをサポートするには、ヒトの紫外線対策も大切です。
特にハワイは常夏の島で紫外線の強いエリアです。
廃棄の仕方でオキシベンゾンやオクチノキサートを海に流さずに済む方法は無かったのでしょうか?

顔のたるみで悩んでいる人にはエステサロンの利用を

2018年07月04日
顔のたるみで悩んでいる人にはエステサロンの利用を

年齢と共に進む肌老化は避けて通ることは誰にも出来ないことです。

顔のたるみは、若いうちはほとんど起きなかったけれども、年を重ねると気にかかるようになります。


体で隠したい部分があれば服を選べばいいですが、顔のほうは服でカムフラージュすることは不可能です。

肌に関する悩みは顔以外にもいろいろありますが、顔の部分にできるたるみは特に気になるものです。

肌の老化現象の要因には、湿度の低い環境に長くいると肌が乾きやすくなることや、紫外線を受けると保湿成分が減少することがあります。

肌によくない要素は紫外線だけではありません。アルコールの摂取や、喫煙の習慣など、肌の老化を促進する要素はいくつか存在しています。

顔のたるみのトラブルについては、日常の生活が原因で起こる場合もあるので、自己ケアするときにはしっかり気をつけましょう。

顔の皮膚で滞っている不用な水分や、老廃物を排出するために、マッサージをしたり、美顔器を使うのもいいでしょう。顔の皮膚は、年をとるとどうしてもたるみが増します。

ある程度はセルフケアで抑制ができますが、完全には抑え切れません。

エステサロンを活用してみることも、顔のたるみを改善するための方法としておすすめです。

エステでは、専門的な技術や知識を持っているエステシャンによって、顔の皮膚をみずみずしく美しい状態にするケアをしてくれます。

エステが初体験という方でも、時間をかけてカウンセリングを行い、どんなケアを希望しているのかや、肌をどのような状態にしたいのかなどを聞き取ってくれます。

この記事が、あなたのエイジングケアとアンチエイジングに役立てば幸いです。
プロフィール
管理者:トンちゃん

趣味:食べる事
特技:お昼寝
長所:美味しいものを探す
<< 2018年 07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集