紫外線対策の日焼け止めはどう選ぶ?

2018年06月14日
紫外線対策に大切ナールスフォーム日焼け止めについてご紹介します。

<要約>
 私はお休みの日に、運動不足解消の為、15分程歩いていますが、外を歩くと気になるのが紫外線です。やはりこの時期は、多くの方が、紫外線対策で日焼け止めを塗ると思いますが、選ぶ基準がSPFやPAの高さで、それらが、高い方がよいと思っている人が多いと感じます。私も以前はSPFやPAの高いものを特に考えずに選んでいました。
 しかし、PAが++++以上やSPF40以上のものは、やはり肌への負担がかかってしまうので、外出時間が多い場合や海や山へ出かけるときだけの使用にすることをおススメします。特に、ウォータープルーフの日焼け止めはこれからの汗をかく季節にはいいのですが、使いすぎたり、またそれを洗うときにきちんと落とさないと肌トラブルの原因になったりもします。
その為、日焼け止めを選ぶ時には、使う季節、環境、自分自身の肌質や肌の状態を基準に選ぶことが大切です。私のように肌が弱かったり、エイジングケア世代であると、自分の肌に負担が少ないものを選ぶのが大切です。
では、どのSPF値やPA値の日焼け止めを選べばいいのでしょうか。日常生活であれば、SPF15前後/PA++、軽いスポーツやレジャーでも、SPF15〜30/PA+++で十分です。そして、こまめに塗りなおすことが大切です。
もう一つ大切なのは、紫外線対策を日焼け止めだけに頼るのではなく、日傘、帽子、サングラス等の紫外線対策グッズを使用すること、あとは、紫外線のアフターケアとして、ビタミンACEを食事で取り入れたり、食事ではすぐにお肌には届かない為、化粧品によるケアも大切です。
 そんな紫外線アフターケアでおススメの化粧水は、「ナールスピュア」です。なぜなら、紫外線ダメージによる光老化を軽減することをサポートする「ナールスゲン」が推奨濃度配合されているからです。また、ナールスゲンには、人が持っている抗酸化物質グルタチオンを表皮で増やす働きが認められています。これは、体の内外からのお肌の酸化に対抗するエイジングケアをサポートすることにつながります。ナールスゲンの他に、抗酸化力のある成分として、ビタミンE誘導体、ビタミンC誘導体も配合。紫外線によるお肌の酸化防止をサポートしてくれます。
 ちなみに、なぜお休みの日に15分程歩くのかというと、先程お話したように運動不足解消もあるのですが、お気に入りのスーパーに行く為でもあります。そのスーパーでは、紫外線アフターケアの為に、ビタミンACEを意識した食材を選ぶようにしています。そして、それを使ってゆったりお料理をするのがお休みの日の私の楽しみです。もちろん、「ナールスピュア」も使って外側からのケアもしています。
みなさんも、特に紫外線が強いこの季節は、紫外線対策だけではなく、内側からと外側からの紫外線アフターケアもしっかり行って、紫外線に負けない肌作りをしましょう。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:トンちゃん

趣味:食べる事
特技:お昼寝
長所:美味しいものを探す
<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集